歳時記 8月

8月の和名は葉月。

月見月(つきみづき)秋風月(あきかぜづき)桂月(かつらづき)などとも言われております。*桂月とは中国古来より月の中に桂の木があるという伝説から来ております。

その他、燕去月(つばめさりづき)染色月(そめいろづき)素月(そげつ)鴈来月(がんらいづき)建酉月(けんゆうづき)など

*夏の食*

夏の暑さに食欲も落ち、体力維持も難しいこの季節。夏の体力をつけるための食材と言えば鰻!

ツルツルと喉越しも良く、茗荷や山椒・紫蘇・生姜に山葵などの薬草でもある薬味によって様々な味で楽しめる御素麺…温でも冷でも良し!

ツルツルっと繋がりで言うと・・夏と言えばやはり「心太!」は外せませんね~!(^^)!

心太は酢醤油派?黒蜜派?

*そこで今回は名脇役の薬味の中でも癖のある、山椒について少し豆知識を・・・*

「山椒は小粒でピリリと辛い」と言うことわざをご存じでしょうか。

身体は小さくても、意志が強く、鋭い気性や優れた才能が有り、非常に優秀で侮れない人の例えに使われます。

そして山椒は日本古来から親しまれ、柚子と並び日本料理の大香辛料のひとつとされております。時期によっては使われる部分や呼び名が変わるのも(木の芽・葉山椒・花山椒・実山椒など)日本の食に深く関わってきた証です。

また、山椒の木はゆっくりと成長するため木質も固く、すりこ木として最上とされています。擦るうちにほんのりと微かな香りが立つのが良いようです。

原産は東アジア及び日本と言われ、古くは「はじかみ」と呼ばれておりました。「はじ」は実が爆けること、「かみ」は「かみら」(韮の古名)のこと。

だが現在では中国から生姜が入ってくるようになり「はじかみ」と言えば生姜のことを指すようになりました。

山椒の辛味成分はサンショール。胃の調子を整えたり、回虫の駆除の作用もあるとされております。山椒などの香りは胃や脳に刺激を与え、食欲増進にも繋がるので食欲の無い日には上手く料理に取入れ、暑いこの夏を乗り切りましょう。