世界遺産の旅④!

源泉湯の宿 松乃井 オフィシャルスタッフブログをご覧の皆さまこんにちは!キャンベルでございます☆
長らく続いてまいりました世界遺産の旅でございますが、ついに最終回でございます!
どうぞ最後までお楽しみ頂ければ幸いでございます(。・ω・。)ノシ
 
 
さてさて、バンテアイ・スレイ寺院で東洋のモナリザを目に焼き付けた後は
バスに乗り込みアンコール市街へ移動!カンボジアで最後の昼食です☆
 
30分くらいバスに揺られて着いたのは、なんともおしゃれなレストランです!
屋外?に巨大なテントを張り巡らせたような造りで、くつろぎながら食事を楽しめるソファ席まであります!
 
レストラン      
 
あの席に座りたい!!!(゚Д゚*)
     ・・・残念ながら案内された席は、イス・テーブルのお席でした(=゚ω゚=ノ)ノ
 
今日の昼食は、伝統的なクメール料理を現代風にアレンジしたクメールの創作料理です!
 
テーブルにあったメニュー表をパシャリ☆   昼食メニュー
 
サラダ サラダ   スープ スープ
 
メイン メイン   デザート デザート
 
4品で量も少なめだな・・・  お腹いっぱいになるかな・・・ と、思っていましたが
これが意外と丁度良い感じで満足することが出来ました!

中でもキャンベルが気に入ったのは『エビとキノコのホットサワースープ レモングラス風味』です!!
爽やかな香りと香辛料の効いた味が食欲をそそります☆ すっぱい物が好きな方に好まれる味付けです!
 
それからデザートですが、ピンク色はココナッツの寒天寄せ?黄色っぽいのはスイートポテトの春巻き?
右側の白っぽいものはココナッツ風味でペースト状になったやまいも?(とても甘くて食べやすかったです!)
左側の黒いような紫色のようなものは紫色のもち米でおはぎみたいなお味でした☆
 
メニューも日本語で書かれているので、日本人に人気のお店のようです。
味付けも日本人好みで今回食事をした中では一番美味しくいただけました☆d(ゝ∀・)
 
 
食事の後は、シルクと工芸品の工房にお邪魔させて頂きました。!
 
『アーティザン・アンコール株式会社』
農村に暮らす若い世代の人たちに高い水準の技術トレーニング行い
生計を立てることのできる職業を供給し、故郷で仕事ができるように自立支援の手助けをし
現在は、1000人以上を雇用し、農村へ工房を設置することでシェムリアップの過疎化も防いでいるそうです。
 
シルク工場
 
なんと、日本人女性の方も働いていました!
主に観光客の方に会社・施設の説明や工場内のご案内をしているようです。
カンボジアの雰囲気や人々が大好きという事でこの土地で仕事をしているとおっしゃってました。
 
こちらが工房に設置されていたシルク織りの機械です!(・ω・*ノ)ノ
 
シルク織物
 
どんなに技術のある職人が頑張っても、1日40cm折るのが限界みたいです。
とても細やかな模様が織り込まれていて、肌触りも良く高い技術を目にすることが出来ました!
 
こちらの工房では、シルクの他にも油絵や民芸品の陶器、仏像等も作製しているそうです。
 
漆塗りの職人さん  職人  
 
木製の仏像   職人2  
 
仏像を彫る職人さん  職人4  
 
工房で仕事をしている職人さんの中には耳の不自由な方もいて
そういった方々も技術を身につけ自立できるように支援をしているそうです。
ちなみに、漆塗りの職人さんは耳が不自由という事ですが
すごい集中力で仕事をされていて、丁寧で細かな作業が得意のようです!!(◎▽◎)
 
工房の横にはお店も併設されていて、質の高い製品が並んでおります。(*≧∇≦*)
作製の過程を見学するという事は、作った方のお顔を見ることもできるのですごく安心・納得して購入することが出来ます!
シルク織物、仏像、油絵、漆塗り、どれもこれも丁寧に仕上げられていましたが
世界遺産の遺跡も細やかな部分まで彫られていたりと、カンボジアの方々の緻密な仕事ぶりが伝わる旅となりました。
 
 
工房を出た後は一度ホテルへ戻り、出発までしばし休憩となりました。
遺跡巡りで疲れた足を癒す為にホテルでクメール式のフットマッサージを受けることに☆(´ω`)
痛ーい!! なんてことはなく、程よい力加減で揉みほぐされて至福のひと時を過ごせました。
疲れた体も楽になったところで、荷物をピックアップしついに日本へ帰国の時間が迫って参りました(´ω`;)
 
 
カンボジアを出発の前に最後の晩餐です☆笑
肝心な写真を撮影するのを忘れてしましたが、タイスキでした☆
日本のすき焼とは違い、寄せ鍋?のようなものでしたが、やさしいお出汁がきいていてほっとあたたまる食事になりました。
タイスキの中に肉団子のようなものがあったので食べてみたのですが、モツ?のような内臓系の味がしました。
人により好みの分かれる味ですが、あれは何だったのか、もう一度食べてみたい!と思うキャンベルでした(*´Å`*)
 
 
 
最後の晩餐を終えて、いざ空港へ!
お世話になった現地ガイドのキムさんとお別れです(ノω・、)
とても日本語がお上手で、カンボジアの歴史を日本の歴史、文化を交えて説明して下さいました。
ガイドがキムさんで良かった!と思う事が何度もありました!
またカンボジアを訪れるときは宜しくお願いします!日本に来たときはご案内させて頂きます!
と、固い握手と約束を交わしてお別れをしました。
 
飛行機に乗ってからは順調なフライトが続き、ベトナムでの乗り継ぎもスムーズでした☆
21:30頃にカンボジアを出発をし、日本へ到着したのは朝7:30頃でした!
帰りの飛行機の中、日本時間5時ごろに起こされ食事をしたのですが、本音を言えば寝かせてほしかった・・・笑(ノД`)
 
 
こうしてアンコール遺跡4日間は無事に終了いたしました!
今回こうやって研修に参加できたことは、私にとってとても良い刺激になりました。
企画をして下さった農協観光様、本当にありがとうございました。
また、いろいろと心配をして下さったみなさま、ありがとうございました!
 
 
水上温泉は、自然に囲まれた土地でアウトドアスポットも多いことから、現在海外で話題になっているそうです。
旅館で働く中で海外からのお客様と接する機会もこれからどんどん増えていくと思います。
そんな時に、やはり言葉は大事になってきます。
海外からのお客様にも日本のおもてなしがしっかりと伝わるように英語の勉強もしっかりしなきゃな。と、思った次第でございます。
  
長くなりましたが、最後までお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。
最後に、一緒にカンボジアに行った参加者の方から旅行後に送られてきた写真でお別れです☆
 
ゾウと  遺跡巡り中に見かけたゾウと一緒に!!
 
 
まさか他にも写真が残っているなんて思いませんでした!笑ヽ(◎゜ω゚◎)ノ
今回の体験を日々の仕事に活かし、より一層励んでいきたいと思うキャンベルでした!
 
 
 
▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ