極上・生温泉 ®Onsen

正しい入浴法のすすめEnjoy ONSEN

温泉は身も心もゆったりとさせてくれます。
温泉を楽しむには正しい温泉の入浴法と
いくつかの注意点がございます。
体に負担のかからない入浴法で、温泉を存分にご堪能ください。

入浴の時、浴槽に入る前にかけ湯をしましょう。お湯につかる準備運動です。

  • つま先から腿へつま先から腿へ
  • 指先から腕、肩へ指先から腕、肩へ
  • 徐々に体を慣らしていきましょう徐々に体を慣らしていきましょう。

入浴時間は温度によって異なりますが始めは5~10分、慣れればぬるめのお湯で30分以内。

入浴

高温のお湯では10分以内までがよく、それ以上では疲れや不慮の事故を起こすおそれがあります。 熱めの場合は5~10分。ぬるめの場合は30分以内。

入浴後

入浴後に身体に付着した温泉成分は、なるべく洗い流さないようにしましょう。皮膚の弱い人は、強い酸性泉や硫化水素泉では浴後洗い流した方がよいでしょう。

休憩

入浴後30分~1時間くらい休憩しましょう。 入浴回数は1日2回くらいが適当です。 むやみに回数が多いと湯あたりなどかえって逆効果になります。

※キャラクターは群馬県の形である「鶴」をイメージして、鶴のイラストを使用しています。