月別アーカイブ: 2015年2月

上毛高原のつるし雛

松乃井ブログをご覧の皆様、ご無沙汰しております ゆーさんです。

今日の水上は、この時期にしてはとても暖かく、
日差しを受けて溶けた雪解け水がポタポタと滴っておりました。

日もだんだんと長くなってきて、着実に春は近づいて来てます。

さて、上越新幹線で松乃井へお越しのお客様には最寄の駅になります上毛高原駅で
今年もかわいらしいつるし雛が飾られていました。

1424685046620

1424685082870

すべて、みなかみ町商工会の女性部の方々の作品とのこと・・・。

1424685067179   1424685097121

上毛高原駅へお立ち寄りの際には、是非ご覧くださいませヽ(*´∀`*)ノ.+゚

明日(2015年2月21日)若干ではございますが空室でました。

明日(2015年2月20日10:10現在)若干ではございますが空室でましたのでご連絡させていただきました♪

http://www7.489ban.net/v4/client/plan/Search/customer/g-matsunoi?year_month=2015-02&day=21&stay=1&priceL=0&priceH=99999999&category=0&room=1&is_calc_nop=0&plan_type_mode=1&date=2015-02-21

29117

皆さまのご来館スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

各種のイベント、式典等は松乃井にお任せ下さい♪

先日コンベンションホール大宙(おおぞら)」にて円卓によるパーティーがありましたので開演前に撮影しました〜♬ 

椅子席で最大400名様を収容できるこの会場は各種のイベント、式典などにご利用されていま〜す♪
各種のイベント等は群馬水上エリア団体様取扱いNO1の松乃井にお任せ下さい。

10985486_809063445844423_6635169504485032449_n

▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

三国峠にて・・・ニホンカモシカ発っ〜見♬

沢スキー場に行った後国道17号線にもどり走っていたら民家の玄関アプローチにニホンカモシカ発っ〜見♬

10959446_807867842630650_1903388716533673290_n
この後近づき写真を撮ったら逃げずにポーズをとってくれました^^

自然、動物、野鳥共存共栄の水上温泉へお越し下さい♪

▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

世界遺産の旅④!

源泉湯の宿 松乃井 オフィシャルスタッフブログをご覧の皆さまこんにちは!キャンベルでございます☆
長らく続いてまいりました世界遺産の旅でございますが、ついに最終回でございます!
どうぞ最後までお楽しみ頂ければ幸いでございます(。・ω・。)ノシ
 
 
さてさて、バンテアイ・スレイ寺院で東洋のモナリザを目に焼き付けた後は
バスに乗り込みアンコール市街へ移動!カンボジアで最後の昼食です☆
 
30分くらいバスに揺られて着いたのは、なんともおしゃれなレストランです!
屋外?に巨大なテントを張り巡らせたような造りで、くつろぎながら食事を楽しめるソファ席まであります!
 
レストラン      
 
あの席に座りたい!!!(゚Д゚*)
     ・・・残念ながら案内された席は、イス・テーブルのお席でした(=゚ω゚=ノ)ノ
 
今日の昼食は、伝統的なクメール料理を現代風にアレンジしたクメールの創作料理です!
 
テーブルにあったメニュー表をパシャリ☆   昼食メニュー
 
サラダ サラダ   スープ スープ
 
メイン メイン   デザート デザート
 
4品で量も少なめだな・・・  お腹いっぱいになるかな・・・ と、思っていましたが
これが意外と丁度良い感じで満足することが出来ました!

中でもキャンベルが気に入ったのは『エビとキノコのホットサワースープ レモングラス風味』です!!
爽やかな香りと香辛料の効いた味が食欲をそそります☆ すっぱい物が好きな方に好まれる味付けです!
 
それからデザートですが、ピンク色はココナッツの寒天寄せ?黄色っぽいのはスイートポテトの春巻き?
右側の白っぽいものはココナッツ風味でペースト状になったやまいも?(とても甘くて食べやすかったです!)
左側の黒いような紫色のようなものは紫色のもち米でおはぎみたいなお味でした☆
 
メニューも日本語で書かれているので、日本人に人気のお店のようです。
味付けも日本人好みで今回食事をした中では一番美味しくいただけました☆d(ゝ∀・)
 
 
食事の後は、シルクと工芸品の工房にお邪魔させて頂きました。!
 
『アーティザン・アンコール株式会社』
農村に暮らす若い世代の人たちに高い水準の技術トレーニング行い
生計を立てることのできる職業を供給し、故郷で仕事ができるように自立支援の手助けをし
現在は、1000人以上を雇用し、農村へ工房を設置することでシェムリアップの過疎化も防いでいるそうです。
 
シルク工場
 
なんと、日本人女性の方も働いていました!
主に観光客の方に会社・施設の説明や工場内のご案内をしているようです。
カンボジアの雰囲気や人々が大好きという事でこの土地で仕事をしているとおっしゃってました。
 
こちらが工房に設置されていたシルク織りの機械です!(・ω・*ノ)ノ
 
シルク織物
 
どんなに技術のある職人が頑張っても、1日40cm折るのが限界みたいです。
とても細やかな模様が織り込まれていて、肌触りも良く高い技術を目にすることが出来ました!
 
こちらの工房では、シルクの他にも油絵や民芸品の陶器、仏像等も作製しているそうです。
 
漆塗りの職人さん  職人  
 
木製の仏像   職人2  
 
仏像を彫る職人さん  職人4  
 
工房で仕事をしている職人さんの中には耳の不自由な方もいて
そういった方々も技術を身につけ自立できるように支援をしているそうです。
ちなみに、漆塗りの職人さんは耳が不自由という事ですが
すごい集中力で仕事をされていて、丁寧で細かな作業が得意のようです!!(◎▽◎)
 
工房の横にはお店も併設されていて、質の高い製品が並んでおります。(*≧∇≦*)
作製の過程を見学するという事は、作った方のお顔を見ることもできるのですごく安心・納得して購入することが出来ます!
シルク織物、仏像、油絵、漆塗り、どれもこれも丁寧に仕上げられていましたが
世界遺産の遺跡も細やかな部分まで彫られていたりと、カンボジアの方々の緻密な仕事ぶりが伝わる旅となりました。
 
 
工房を出た後は一度ホテルへ戻り、出発までしばし休憩となりました。
遺跡巡りで疲れた足を癒す為にホテルでクメール式のフットマッサージを受けることに☆(´ω`)
痛ーい!! なんてことはなく、程よい力加減で揉みほぐされて至福のひと時を過ごせました。
疲れた体も楽になったところで、荷物をピックアップしついに日本へ帰国の時間が迫って参りました(´ω`;)
 
 
カンボジアを出発の前に最後の晩餐です☆笑
肝心な写真を撮影するのを忘れてしましたが、タイスキでした☆
日本のすき焼とは違い、寄せ鍋?のようなものでしたが、やさしいお出汁がきいていてほっとあたたまる食事になりました。
タイスキの中に肉団子のようなものがあったので食べてみたのですが、モツ?のような内臓系の味がしました。
人により好みの分かれる味ですが、あれは何だったのか、もう一度食べてみたい!と思うキャンベルでした(*´Å`*)
 
 
 
最後の晩餐を終えて、いざ空港へ!
お世話になった現地ガイドのキムさんとお別れです(ノω・、)
とても日本語がお上手で、カンボジアの歴史を日本の歴史、文化を交えて説明して下さいました。
ガイドがキムさんで良かった!と思う事が何度もありました!
またカンボジアを訪れるときは宜しくお願いします!日本に来たときはご案内させて頂きます!
と、固い握手と約束を交わしてお別れをしました。
 
飛行機に乗ってからは順調なフライトが続き、ベトナムでの乗り継ぎもスムーズでした☆
21:30頃にカンボジアを出発をし、日本へ到着したのは朝7:30頃でした!
帰りの飛行機の中、日本時間5時ごろに起こされ食事をしたのですが、本音を言えば寝かせてほしかった・・・笑(ノД`)
 
 
こうしてアンコール遺跡4日間は無事に終了いたしました!
今回こうやって研修に参加できたことは、私にとってとても良い刺激になりました。
企画をして下さった農協観光様、本当にありがとうございました。
また、いろいろと心配をして下さったみなさま、ありがとうございました!
 
 
水上温泉は、自然に囲まれた土地でアウトドアスポットも多いことから、現在海外で話題になっているそうです。
旅館で働く中で海外からのお客様と接する機会もこれからどんどん増えていくと思います。
そんな時に、やはり言葉は大事になってきます。
海外からのお客様にも日本のおもてなしがしっかりと伝わるように英語の勉強もしっかりしなきゃな。と、思った次第でございます。
  
長くなりましたが、最後までお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。
最後に、一緒にカンボジアに行った参加者の方から旅行後に送られてきた写真でお別れです☆
 
ゾウと  遺跡巡り中に見かけたゾウと一緒に!!
 
 
まさか他にも写真が残っているなんて思いませんでした!笑ヽ(◎゜ω゚◎)ノ
今回の体験を日々の仕事に活かし、より一層励んでいきたいと思うキャンベルでした!
 
 
 
▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

世界遺産の旅③!

世界遺産の旅も3回目の更新となりました。
お付き合いいただいている皆様、本当にありがとうございます!ヾ(*´ー`*)ノ゛
 
アンコールワットで日の出を拝み、朝食をすませ、小学校訪問にむけて出発です!
実は、キャンベルが今回のツアーで一番楽しみにしていたのが小学校訪問なのです!(*´∀`人)
現地の小学校に訪問できるツアーなんて滅多にありません!農協観光様本当にありがとうございます。
 
カンボジアの学校制度は日本と同じく、小学校6年制、中学校3年制、高校3年制、大学4年制となっているようです。
日本の学校教育をモデルとしているそうです。
 
今回訪問した小学校はホテルから40分程度のバンテアイスレイ地区にある小学校です。
生徒数は約600人で先生は16名との事です!
 
授業は午前と午後の部に分かれてそれぞれ5時間ずつ。
午前の部のみを受ける子もいれば、午後の部のみ、午前午後どちらも受ける子がいるそうです。
日本と違うのは、何歳が何年生とは決まっておらず、入学した年齢から1年生が始まるので
各学年で2~3歳年齢の違う子ども達が一緒になりながら勉強をしているそうです。
 
学校
 
学校2
 
敷地はかなり広く小学校と中学校が隣り合わせに建っていて、校舎は平屋造りのかなり横にながーい建物です。
1クラス約40名で授業を受けているようです。
今回おじゃまさせて頂いたのは4年生のクラスです!(=゚ω゚=)
 
子ども4
 
授業はクメール語で行われている為、私達にはちんぷんかんぷん(@▽@;)
直接会話をしてみたかったけれど、英語の勉強はまだのようで現地ガイドさんに通訳をして頂きながらの会話になりました。
 
質問タイムも設けて頂き「将来学校の先生になりたい人」「日本に来てみたい人」等々、質問をしました。
クラスの約半数以上の子どもが将来は先生になりたい!という夢を持ち、真剣に授業を受けています。
日本に行ってみたい!という子もかなり多く、そのためにも勉強を頑張ってお金を貯めるんだ!と言っていました。
何事にも一生懸命取り組み、夢に向かい頑張る子ども達の目はキラキラ輝いて見えました!
 
学校のこと、授業のこと、いろいろお話を聞いた後に生徒たちが歌のプレゼントをしてくれました!
言葉はわからないけれど一生懸命歌ってくれる子ども達はとっても可愛かったです!
 
何かお返しをしなければ・・・と考えた末、ツアー参加者で『富士の歌』を歌いました!
歌のプレゼントの後は、文房具とボールのプレゼントです!
 
子ども5
 
ノートと鉛筆は見学させて頂いたクラスの子どもたち全員に手渡しで!
他はクラスの成績優秀者に後日配られるそうです!
すっごく嬉しそうに喜ぶ子どもたちを見てこっちも嬉しくなりました☆(*^U^*)
 
ちなみに、各教室のドアは開け放たれている為、早く授業の終わった低学年の子どもたちが
なんだなんだ~!?と教室の中まで入りこんで興味津々に見ていました。
 
子ども3
 
子ども2
 
カメラを向けるとみんな笑顔で近寄ってきました!
 
最後にみんなで記念撮影☆   集合写真 
 
小学校にお邪魔できた時間はそんなに長くはなかったけれど
カンボジアの子どもたちの笑顔とパワーで癒され、元気になった気がします!
いつかまた会えたらいいな・・・と、思うキャンベルでした。o(*´ω`*)o
 
 
子どもたちと別れた後は、『東洋のモナリザ』のある バンテアイ・スレイ寺院です!!
バンテアイ・スレイ、バンテアイは「砦」、スレイは「女性」で、「女の砦」を意味するそうです。
 
アンコールワットやアンコールトムに比べると規模は小さいですが、
精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されているため、観光客に大変人気のある遺跡です。
南北に位置する祠堂には、柔らかな曲線で彫られた「東洋のモナリザ」と評されるデヴァターの像があります。
この「東洋のモナリザ」は、1923年にはフランス人に盗み出されたとして、注目を集めました!
 
アンコール遺跡のほとんどが灰色をしていますが、このバンテアイ・スレイ寺院は赤みのある綺麗な色をしています。
赤色砂岩を使っているそうですが、他の遺跡よりも固く彫刻もはっきりと残っています。
 
バンテアイスレイ2
 
バンテアイスレイ3
 
かなり規模の小さな遺跡なので、あっというまに観て回れてしまいますが
彫像や壁の繊細な細工を見ていると気づけば時間が過ぎてしまいます。
 
バンテアスレイ5
 
 
隅々まで観ながらついに「東洋のモナリザ」とご対面です!   東洋のモナリザ
 
立体的で緩やかな曲線がとても優しい印象を与えてくれます。
遺跡を踏み荒らされないように近くまで行くことは出来ず、頑張ってカメラをズームにして撮影しました。
「女の砦」の意味を持つように、東洋のモナリザをはじめいくつもの女性の彫像がありました。
どれもこれも顔の向きや表情も違うのでそういったのを見比べるのもとても興味深かったです。 (*´ェ`*)
 
そして、ガイドさんに教えていただいた撮影スポットでまたまた写真を撮りまくりました!
 
うかれて撮影した写真⑤がこちら! バンテアイスレイと
 
これでうかれて撮影した写真シリーズは終わりとなります!笑
1人参加で写真を撮るときどうしよう・・・。自取り棒買おうかな・・・。なんて思いましたが
快くシャッターを引き受けてくれたガイドさん、ツアー参加者の皆さま、ありがとうございました!
 
3回目で終わると思いきや、もう1回だけ続きます(@´~`@)
昼食とシルク工場、帰国を書いて終了となります!お時間がございましたらお付き合いくださいませ~!
 
 
▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

世界遺産の旅②!

源泉湯の宿 松乃井 オフィシャルスタッフブログをご覧の皆様ごきげんよう☆(・ω・)ノシ
 
カンボジアは毎日30℃でしたが、ここ水上は毎日雪が降っています。
暖かい土地に住みたい・・・(-ω-` )   そう思うキャンベルでございます!
 
今回は前回の続き「アンコール遺跡4日間」2日目の日没以降の事になります。
 
 
前回のブログは感動的なアンコール遺跡の夕焼けをお伝えしましたが
 
夕焼けを見た後は食事をするレストランに移動しましたー!.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。
 
レストランはこちら!   KOULEN
 
カンボジアの民族舞踊「アプサラダンス」のショーを楽しみながら食事ができるレストラン『Koulen(クーレン)』
かなり人気のあるビュッフェスタイルのレストランのようでお客様で大変混み合っておりました。
 
しかし!案内されたのはステージ目の前に位置する特等席!!.+:。ヾ(◎∀◎)ノ。:+.
間近で見れる!!と興奮しっぱなしでした☆
 
レストランに着いたのは18:30頃ですが、ショーは19:30~20:30の1時間
ショーが始まるまでになんとか食事を済ませたい! 混み合う中食事を求めてウロウロ~(*・ω・)
 
日中の日差しと人混み、疲労により体調が思わしくなかったキャンベルはフルーツとフォー?を手に入れて着席。
フォーは目の前で作ってくれました!しかも麺・トッピングは好きな物をチョイスできました!
パクチーはあまり得意じゃないけれど、郷に入れば郷に従え!精神のキャンベルはパクチーをトッピング!
 
フォー  
 
写真を撮り忘れたので、これは朝食で食べたフォーになります(´ω`;)
これにプラスひき肉と香草類をたっぷりとトッピングしましたー☆
 
モグモグφ(c・ω・ )ψ モグモグ
 
*゚・:。ワァ(・∀・)オ。・:゚*  意外といけるかも・・・!!
 
 
ちなみに、食事のお供に注文したのはライチジュースです!
ソフトドリンクは大抵、缶ジュースで出されて自分でグラスに注ぐようなスタイルです。
ただ、パイナップルやマンゴーなどを使ったフレッシュジュースも豊富に用意されていて
とっても新鮮で濃厚なジュースも堪能できます! 
 
キャンベルのお気に入りはパイナップルジュースです☆  パイナップルジュース
 
食事も一段落し、ついにアプサラダンスショーの時間がやって参りました!ヾ(*´∀`*)ノ
 
アプサラダンスは、カンボジアに古くから伝わる宮廷舞踊の一つで、きらびやかな衣装に身を包んだ女性たちが踊りを舞います。
手の動きがとても特徴的で、指先の反り方で踊り子としての優秀さが変わるといわれています。
ゆっくり、なめらかに踊る肢体、幼い頃から練習を積み重ねないと出来ない動きだそうです。
 
 
アプサラダンス3
 
アプサラダンス2
 
ポルポト政権時代におきた知識人の大虐殺などによって、約9割の踊り子の命が奪われ絶滅の危機に瀕したそうですが
現在、私達がアプサラダンスを観れるのは、生き残った数少ない踊り子たちのなみなみならぬ努力によって継承されているからなのです。
 
ショーの終わりには、なんと!踊り子さん達と一緒にお写真を撮れる時間が!!Σ(*゚д゚*)
踊り子さん達は何名かいらっしゃいましたが、センターで踊っていた方の隣をダッシュでキープ!
 
うかれて撮影した写真③がこちら!笑   踊り子さんと2
 
本 当 に 美 人 ! ! (*´ω`*)
カンボジアの歴史と踊り子さん達のたゆまぬ努力を感じながら素敵なひと時を過ごせました☆(*δ_δ*)
 
 
夕食後はホテルに戻り、ナイトマーケットへ!
と思っていましたが、歩き疲れたこともあり、すぐ夢の中へ~Zzz…(*´~`*)。O○ ムニャムニャ
 
翌朝は、4:30に起床して日の出のアンコールワットへ出発!!
ホテルを5:30頃に出発して15分程でアンコールワットへ。
 
まだまだ薄暗いです。 朝焼け
 
最初はあまり人がいませんでしたが、明るくなるにつれてどんどん増えてきます!
 
すこし明るくなりました!   朝焼け2
 
待っている間にもどんどん人が増え、シルクやお土産の売り子さん達も登場!
売り子さん達に囲まれそうになったのでちょっと移動・・・
 
 
そして、ついに!!!   朝焼け3 
 
朝焼け5   日が昇りました!!!
 
観光客の多さに驚きです!
今、カンボジアは乾季なのでとても綺麗に朝日を見ることが出来るようです!
なかでも、カンボジアのお正月はアンコールワットの丁度真上に太陽を見ることが出来るそうでとても賑やかだそうです!!
 
世界遺産と日の出を一緒に見られるなんて・・・朝からとても贅沢な気分になりました。
そしてやっぱり、ここでも写真を撮りまくりまして
 
うかれて撮影した写真④がこちら!笑   朝日3
 
これぞ典型的な観光客!と思われるようなポーズになりました。でもとっても満足しています☆
 
この後は、ホテルに戻り朝食を食べました☆
朝食後は少し休憩をして、荷物をパッキング~
 
本日の日程はこの後に現地の小学校訪問とバンテアイ・スレイ寺院とシルク工場見学です!
ちょっと長くなってしまったため、またまたここで一度終了させて頂きますが
もう少しお付き合いいただければ幸いでございます。
 
今回のブログ終わりに写真を1枚    お猿
 
アンコールワットからの帰り道にシッポのなが~い野生のお猿さんを目撃!(*´∀`人)
とても可愛らしかったのですが、怖くて近寄れませんでした☆笑
 
 
▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

世界遺産の旅!

源泉湯の宿 松乃井のオフィシャルスタッフブログをご覧の皆様!
久しぶりすぎて覚えていない方もいるかと存じますが、キャンベルです!今日も元気です☆
 
さて皆様、群馬県の世界遺産と言えば 『富岡製糸工場』ですが
 
カンボジアが誇る世界遺産と言えば・・・?      ・・・そう!アンコール遺跡です!
 
 
なんと!日頃大変お世話になっている農協観光様企画『アンコール遺跡4日間ツアー』に研修で参加させて頂きました!
 
私事になりますが、写真を交えて感想・思い出を綴らせて頂きます!
 
 
ちなみに、カンボジアの正式名称は「カンボジア王国(Kingdom of Cambodia)」
面積は18.1万平方キロメートルで日本の約2分の1弱(北海道の約2倍)で人口は14.7百万人(2013年政府統計)です。
カンボジア人(クメール人)が人口の90%とされているようです。
木彫りの仏像や銀細工・シルク・コショウやカルダモンといったスパイス類が有名です。
言語はクメール語ですが、海外からの観光客も多い為英語も通じます。
 
 
ここで突然ですが、キャンベルのクメール語講座~!ヾ(・∀・)ノ゙
こんにちは:チョムリアプ スーア
ありがとう:オークン
さようなら(また会いましょう):チョムリアプ リーア
はい:バー(男性) チャー(女性)
いいえ:テー
おいしかったです(ごちそうさま):チュガン
 
ちょこっとあいさつができるだけでも旅がぐぐっと楽しくなります☆
 
 
さてさて、話を戻しまして参加日程になりますが、1月25日(日)~28日(水)の4日間でした。
 
7:30に成田空港に集合、9:30フライトのVietnam Airlineで約5時間、経由地のホーチミンへ!
 
ホーチミン空港
 
予定では1時間のトランジットが雨の為飛行機が到着せず4時間へ伸びてしまい・・・
 
空港でどうにかこうにか時間を潰し、いざカンボジアへ向けてしゅっぱーつ!!=͟͟͞͞ ( ・ω・)っ
 
ホテルに着いたのはなんと22:00でした!(日本時間で24:00でした~)
かなり遅い時間だったにもかかわらず、ホテルの方の好意でお食事を用意して頂きましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 心配だった食事ですが、何にも問題ありませんでした!美味しくペロッと頂いてしまいました☆   翌朝は8:30にホテルを出発してアンコール遺跡『アンコールトム』へ行って参りました! アンコールトムは、アンコールワット寺院の北に位置し、一辺3kmの堀と高さ8mの城壁で囲まれた城塞都市遺跡です。 アンコールは、サンスクリット語の「都市」。トムは、クメール語の「大きい」。「大きな町」という意味だそうです(・ω<)☆    バイヨン アンコールトム2  バイヨン アンコールトム
 
アンコールトムの中心にはバイヨン(意味:美しい塔)があります!
バイヨンの特徴は、中央祠堂をはじめ、四面に人面(観世音菩薩といわれる)のある塔堂です!
 
バイヨン
 
どこもかしこも観光客の方達ばっかりで、凄かったです!
 
ちなみに、今回世界遺産のアンコール遺跡を巡るのに観光パスを利用しました。
1日券から1週間券等、かなりバラエティー豊富に観光パスがございます。
今回は3日券を利用しましたが、お値段は40US$です!
カンボジアの物価を考えると、3日券にしては値が張りますが遺跡の修復等に費用が使われるそうです!
ちなみに3日券は、連続3日でなくても一週間のうちに3回好きな時に利用できるみたいです~(´∀`)ノ
 
次に行ったのが『タ・プローム』
映画トゥーム・レイダーでアンジェリーナ・ジョリーも撮影に訪れた場所です!
タ・プロームは、巨大な菩提樹が建物の間を浸食しながら根を張ってしまっている為、遺跡が崩壊してしまっているんです!
とても神秘的な雰囲気がありパシャパシャと写真を撮りまくってしまいました。
 
そしてうかれて撮影した写真①がこちら!笑     タプローム
 
お恥ずかしいので顔にはモザイクを掛けさせて頂きます!笑
アンジェリーナ・ジョリーがこの場所で撮影したと思うとテンションが上がります!.+゚ゎくゎく.+゚(o(。・д・。)o).+゚ぅきぅき.+゚
 
 
そして、お昼過ぎは『アンコールワット』!!
一番有名と言っても過言ではない観光地です!やはり観光される方の多いこと!
建物までは石造りの橋と道路が続いているのですが、行列のようになっておりました!(*´◯`ノ)ノWOW!!
 
アンコールワット1
 
アンコールはサンスクリット語で「都市」。ワットはクメール語で「寺院」。「大きな寺院」という意味だそうです。
境内は外周、東西1,500メートル、南北1,300メートル、幅190メートルの濠で囲まれており
神聖な場所を飾るため、回廊は精緻な薄浮き彫りで埋め尽くされていました!
 
その薄浮彫りが本当にすごい!
日常生活・戦争・動物等を壁から柱から天井まで余すことなく細かく掘られておりました!
 
壁画
 
これはほんの一部ですが、とりあえず「凄い!」の一言。 
表情なんて1つ1つ違ったりしていて、いったいどれだけの年月をかけて完成させたのやら・・・
 
 
そして、またまたテンションの上がったキャンベルは写真を撮りまくりました!
 
うかれて撮った写真②がこちら笑     アンコールワット4
 
現地のガイドさんお勧めのスポットを教えていただき、見事なアンコールワットを撮影できました☆
水面に映るアンコールワットが息をのむほど美しかったです☆+:;;;;;:+☆ヾ(*´∀`*)ノ☆+:;;;;;:+☆
 
そして、夕焼けのアンコール遺跡です!
アンコールワットと反対側に沈んでいくので建物と一緒に写真に収めることは出来ませんでしたが
日の沈むまでをこの目に焼き付けました!
 
夕焼け  夕焼け2
 
ちなみに、日の沈む瞬間を動画で撮影しようと思い、5分程度じーっと動かずいたら
他のツアー参加の方と100mくらい離れ、異国の地で迷子になりかけた事はここだけの秘密です!笑(*ノω・*)テヘ
 
 
さてさて、どうでしょう少しはカンボジアの魅力が伝わりましたでしょうか?
カンボジア・アンコール遺跡は「行って良かった世界の観光スポット」第一位に選ばれています。
かなり長くなりそうなので、一度2日目の夕方で終了させて頂きますが、まだまだ続きます!
 
なるべく早めに続きも公開しますのでお楽しみに~☆(*´ω`*)ノシ
 
 
▼ブログランキング参加中です!更新の励みになりますのでクリックお願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ